Youkey

記事一覧(9)

編集後記、追記

逃げ場のない暑さと拍車をかける湿度が増す今日この頃、皆様はいかがお過ごしでしょうか。交響楽団魁、第十二回定期演奏会が行われてから早くも一週間が経ちました。一仕事終えて一息いれる団員や、余韻に浸り音源を聴きかえす団員など様々に過ごされているかと思います。さて、今回の演奏会のパンフレットの最後のページにて、編集を担当しました私、棚橋が編集後記を述べさせて頂きました。半ページの中でつらつら長々と述べさせていただいたのですが、実はまだまだ書き足りないことがありまして、この場をお借りして、全貌を述べたいなと思います(笑)。少々パンフレットの文章と重複する部分がございますが、ご愛読いただければ幸いです。私が弊団のチラシ、チケット、パンフレットのデザインおよび 編集の仕事に携わって今年で3年目となります。毎回、「どんなデザインにしようか」と悩みながらも、演奏会の プログラムの本質を問いながら試行錯誤しヴィジュアル化しています。今回の演奏会のチラシデザインについて、今回のプログラムはイギリスプログラムとして構成され、うち2曲はエルガー作曲でもある ため、エルガープログラムとも捉える方も多いでしょう。ただ、これが本当にエルガーの本心に沿ったプログラ ムなのかどうかと問われた時、素直に「はい」と答えられない背景があります。大英帝国の吟遊詩人としての役割 を任されるエルガーは、交響曲第1番の4楽章に表れる、ブラームス交響曲第3番のフレーズの片鱗や、彼の親友 であるイェーガーの存在から、ドイツ(当時ドイツ帝国)への親しみを持っていたと思われます。しかし、第一次 世界大戦により、親しみあるドイツ帝国と母国であるイギリス(当時イギリス帝国)が敵対する事になります。エ ルガー自ら作曲した曲が軍歌のようにして使用され、それが結果的に敵国の1つであるドイツ帝国への闘争心を 掻き立てる事になると思ったエルガーは、ドイツ帝国への思いと母国イギリス帝国への不満の狭間の中でさまよっ ていた事でしょう。エルガーはイギリスを代表する作曲家として知られていますが、彼自身はイギリス帝国に身 を置きながら作曲する事に対して何を思っていたのでしょう。 そんな、彼の心の中の葛藤が今回のチラシおよびパンフレットの表紙デザインとなっておりました。

来場御礼

海の日に応えるかのように襲いくる暑さの中、皆様はいかがお過ごしでしょうか。昨日は交響楽団魁第12回定期演奏会がティアラこうとうで行われました。来客数は実に738人!日中のお暑い中、たくさんのお客様のご来場ありがとうございました!チェロ協奏曲後のアンコール曲は、チェロソリストである津留崎直紀氏編曲のE.エルガー「愛の挨拶」、交響曲第1番後のアンコール曲は、同じくE.エルガーの「エニグマ変奏曲」より「ニムロッド」でした。プレコンサートから始まり、前曲、中曲、中曲アンコール、メイン曲、メイン曲アンコールと、約3時間にも及ぶ長い演奏会となりました。それでも、最後の最後まで演奏を聴いてくださり、指揮が降りると共に湧き上がる拍手と歓声は、我々団員にとって最高のプレゼントになりました。それらも全ては、難曲に立ち向かう団員、演奏会を支えた役員やスタッフ、協奏曲を作り上げてくださった津留崎直紀先生、そして何より、指揮者である川合良一先生の熱意のある指揮が作り上げてくださったものだと思います。我々は、これからもより良い演奏を皆さまにお届けできるよう演奏活動を続けてまいりますので、皆さま今後とも交響楽団魁をよろしくお願い致します。